ダイナミックテスト

ステアリングロボット(プログラマブル・ステアリング・コントローラ)のSRシリーズ

ABD社のステアリングロボット製品(プログラマブル・ステアリング・コントローラ)のSRシリーズは、テストコースにおいて過渡的なハンドリング特性をテストする際に、車両のステアリングシステムを動作させるよう設計されています。

これにより多種類で且つ高精度、高再現性のステアリング入力を実現することにより、高品質なデータ収集を可能にします。 更に、ステアリングシステム単体のテストにも使用することが可能です。

ステアリングロボットは種類によってモーター性能が異なり、それぞれ30Nm超と60Nmのトルクでステアリングに対する操舵入力を行うことができます。また、要望に応じて最大トルク150Nm以上のロボットの製作も可能です。

付属するステアリングロボット ソフトウェアには、セットアップ時間を最小限にできるよう多種のビルトインテスト項目があります。またABDではお客様の要望に応じて新規テスト項目の追加も柔軟に対応できます。

SR15ステアリングロボット

SR15ステアリングロボット軽量で優れたステアリング操作作動装置です。

SR15装着時も通常通りに運転が可能、更に取り付けや取り外しも短時間で行えます。

ABDの他のステアリングロボット(SR30,SR60 及びSR60-Torus)ほど静かではないが、耐久性テストや誤用アプリケーションに適しています。

30Nm ステアリングロボット (SR30)

30Nm ステアリングロボット (SR30)ダイレクトドライブDCブラシモーターを使用し、35Nm超のトルクを発生させることができます。 SR30はABDのステアリングロボットでは最軽量で、フリックテストには理想的な最小のモーター摩擦特性を有しています。

60Nm トーラス ・ステアリングロボット(SR60-Torus) (特許出願中)

従来のステアリングロボットの違いは、大直径の中央が空いている装置を取り付ける新しい装置を採用、このデザインは従来のロボットと異なり、

60Nm ステアリングロボット (SR60)ハンドルの取り外す必要が無いことから・・・・

  • 装置時間の短縮が実現
  • ハンドルの取り外しによって損なわれるセンサ機能の問題を解決
  • ドライバーが通常運転に近い状態でハンドル操作が可能

高い安全性

  • 装置の中央が空いているデザインは、エアパックも機能を保つことが可能

モーター

  • 低摩擦のベアリングとともに、ブラシレスモーターを使用、更にクラッチ若 しくはギヤも必要としない。

60Nm ステアリングロボット (SR60)

60Nm トーラス ・ステアリングロボット(SR60-Torus) (特許出願中)SR60はダイレクトドライブ ブラシレスDCモーターを使用、70Nm超のトルクを発生させます。SR60はNHTSAのロールオーバー、スピンアウトおよび及び、ドライバーの能力をはるかに超えたステアリング入力を必要とするテストに適しています。

150Nm ステアリングロボット (SR150)

150Nm ステアリングロボット (SR150)ダイレクトドライブDCブラシレスモーターを使用、175Nm超のトルクを発生させます。SR150は、トラックおよびバスのホモロゲーションテストのために理想的です。

 

 

 

AB Dynamics MF Japan

〒231-0023 横浜市中区山下町252グランベル6階F
TEL : 045-663-2869
FAX : 045-663-2879
E-mail : info@abd-mf-jp.com

Copyright ©.AB Dynamics MF Japan all rightsreserved